MENU

別途権協定について知っておく

夢のマイホームを購入するためには、住宅ローンを組むのが一般的です。

 

住宅ローン返済中に車がほしくなった場合、住宅ローンがある状態でマイカーローンは組みにくいので、夢のマイホームを担保にしてお金を借りる方法があります。この方法ならば、マイカー購入に十分なお金を借りられます。

 

しかし、この状態で個人再生手続きに入ってしまうと、通常はマイホームを守れる「住宅ローン特則」が利用できるところ、利用対象外となってしまいます。

 

別途権協定とは

利用対象外となった住宅ローンは、個人再生をすると他の債務と一緒に圧縮されてしまいます。そうなると家の担保を持っている人が競売にかける可能性も否定できず、それは何としても避けたいところ。

 

そんな時「別途権協定」が利用できます。別途権協定とは、債務者と担保を持っている人が話し合いをして、担保権を行使しないようにすることを言います。

 

別途権協定の条件

しかし、家を担保にお金を借りながら担保権を行使するなというのは、少々虫が良すぎですね。

 

そこで、別途権協定を締結する際には、担保の対象となっている家の評価額相当の支払いを、再生計画とは別に支払うようにするのが一般的です。別途権協定を利用すれば、専門知識が必要になるものの夢のマイホームは守れます。

 

マイホームを手放したくないからと余計な借金を重ねて支払いを進めるなどをすると、そのうちに闇金融などにハマってしまう場合があります。闇金融から借りると違法な金利や取り立てで日地上生活が壊されてしまいますので、絶対に借りないようにしてください。

 

借りてしまった、借りてしまっている場合には早めに闇金を解決するための被害の相談を行い、家族や会社に迷惑がかからないようにすべきなのです。