MENU

個人再生では家を手放さなくてもよい

消費者金融などからの借金返済に追われて、かなり生活が苦しいとなると、任意整理や特定調停ではなかなか「焼け石に水」といったところ。となると、残された債務整理の手段は個人再生か自己破産しかありません。

 

 

個人再生は借金の返済はし続けないのと比べて、自己破産は原則として借金がすべて帳消しになるのが大きな違い。

 

これだけ見ると自己破産をついつい選びたくなってしまいますが、借金帳消しの大きなメリットを持つ自己破産には、それと引き換えに失うものも少なくありません。

 

そのうちの一つが「夢のマイホーム」。自己破産の手続きをしますと、現在住んでいるマイホームは売却しなければなりません。裁判所による「競売」の手続きを経て売却され、売却されれば有無を言わさず退去させられてしまいます。

 

一方で個人再生では、マイホームを手放す必要がないため、学校に通うお子さんがいる家庭では個人再生を選択するケースが少なくありません。
参考情報:個人再生の特徴やメリットとデメリット

 

住宅ローン特則とは

個人再生で夢のマイホームを手放さなくて済むのは、個人再生では「住宅資金特別条項」(いわゆる住宅ローン特則)が利用可能で、これによってマイホームの権利は保護されています。

 

住宅ローン特則は、個人再生で減額される他の債務とは別に、住宅ローンについては減額せずに従来通り返済することによって、マイホームを保持し続けられるという制度です。

 

住宅ローン特則の条件とは

しかし、マイホームであればだれでもどんなマイホームでも住宅ローン特則の適用を受けられるわけではありません。

 

まず、そのマイホームが生活の拠点でなければならず、週末だけ訪れるようなセカンドハウスや別荘の住宅ローンについては、他の債務と一緒に減額されてその後は手放す可能性も残されてしまいます。

 

連帯保証人が個人再生を行なう場合は注意

夢のマイホームを持っていて住宅ローン返済中のAさんはなく、その連帯保証人のBさん個人再生を利用する際には、注意しなければなりません。

 

Bさんが個人再生をするとき、連帯保証人となっているAさんの住宅ローンはどのような扱いになるのかというと、住宅ローン特則は利用できません。他の借金と同じような扱いをされてしまいますので、Aさんの住宅ローンは圧縮されてしまいます。

 

一見うれしいようですが、これを住宅ローンを提供している債権者が知れば、担保権の実行などを行ない、Aさんはマイホームを手放す状況にもなりかねません。

 

そのような状況を避けるためにも、個人再生を行う際にはしっかりとした相談が必要となります。相談をするにあたっても信頼のできる法律事務所を選ばなければならないので、借金問題の債務整理の相談が気軽にできる評判の法律事務所を探すようにしてください。

2016/02/01 18:27:01 |
夢のマイホームを購入するためには、住宅ローンを組むのが一般的です。住宅ローン返済中に車がほしくなった場合、住宅ローンがある状態でマイカーローンは組みにくいので、夢のマイホームを担保にしてお金を借りる方法があります。この方法ならば、マイカー購入に十分なお金を借りられます。しかし、この状態で個人再生手続きに入ってしまうと、通常はマイホームを守れる「住宅ローン特則」が利用できるところ、利用対象外となってしまいます。別途権協定とは利用対象外となった住宅ローンは、個人再生をすると他の債務と一緒に圧縮されてしまいます。そうなると家の担保を持っている人が競売にかける可能性も否定できず、それは何としても避けた...
2016/02/01 18:27:01 |
一生のうちで最も大きな買い物が夢のマイホーム、次いでマイカーともいわれています。家と車にはとにかくお金がかかるため、その資産価値も相当なものです。夢のマイホームを購入するには、住宅ローンを利用するのが一般的ですが、その返済中に個人再生申し立て手続きをすると、「住宅ローン特則」が利用できます。夢のマイホームを担保にお金を借りた場合はしかし、全てのケースで住宅ローン特則が利用できるわけではありません。個人再生の申立をした本人が所有、居住しており、床面積の半分以上が居住用などの条件がまずありますが、その条件を満たしていても住宅ローン特則が利用できない場合も。それが、夢のマイホームを担保に入れて別のお...
2016/02/01 18:27:01 |
住宅ローン返済中に個人再生を行なっても、「住宅ローン特則」があれば夢のマイホームを手放す必要がないため、債務整理で個人再生を選ぶ人は少なくありません。しかし、全てのケースで住宅ローン特則が利用できるわけではありません。住宅ローンでなければならないまず、住宅ローンでなければなりません。「住宅ローン特則」という名前がついている以上、これは前提条件でしょう。最近は古い住宅ロリフォームしてリノベーションするケースが増えており、その際の原資は住宅ローンではなく「リフォームローン」を利用することとなります。リフォームローンは住宅ローン並みのお金を借りられますが、住宅ローンではありませんので対象とはなりませ...